菊昌菊原の純りんご酢 500ml について



     

 
 菊昌菊原の純りんご酢は徹底的にりんご酢の品質を追求すると、「りんご果汁」でなく、丸ごとの「りんご(青森県産)」のみの原材料から造るという結論になりました。

 菊昌菊原の純りんご酢は、丸ごとの「りんご」そのものだけからふたつの発酵過程(アルコール発酵・酢酸発酵)を経て、じっくりと桶の中で醸造することにより、「りんご」のミネラルが豊富で、「りんご」の風味が楽しめる純りんご酢になります。

 原材料にこだわりの消費者や健康食品業者には嫌われることがある「アルコール」を菊昌菊原の純りんご酢には使用しておりません

 食感の特長としても、原材料に「アルコール」を使用しますと舌を刺すようなピリッとした酸っぱさを感じますが、菊昌菊原の純りんご酢の酸っぱさは、「りんご丸ごとのみ」を原材料にしていますので、まろやかで穏やかな酸っぱさと表現できます。

 酸っぱいのですが口の中で「ふわっ」と優しく広がる酸っぱさなのです。本物のりんご酢の味を堪能してください。

 一般食品として市販されているりんご酢はもとより、健康食品業界において市販されている殆どのりんご酢は、丸ごとの「りんご」でなく、「りんご果汁(りんごジュース)」が原材料です。
菊昌菊原の純りんご酢
――発酵(醸造)――→
市販の多くのりんご酢
――発酵(醸造)――→
 さらに酢酸発酵の過程でも「桶造り(静置発酵法)」ではなく、「機械速醸法」のりんご酢が多く市販されています。





 りんごは国産のそれも青森県産にこだわり、りんご酢の品質表示基準最低量の3倍以上のまるごとりんごを使用しています。

 賞味期限は製造日から2年で表示していますが腐って使えなくなることはありません。

 むしろ、熟成効果で製造日より1年くらい経っているほうが、まろやかでおいしいと思います。

 ただし、原材料の青森県産のりんごを沢山贅沢に使っているため、写真を見ていただいても良くわかりますが色がとても濃いのです。

 菊昌菊原の純りんご酢の製品規格
「名 称  りんご酢
 原材料名 りんご(青森県産)
 酸 度  4.2%
 内容量  500ml
 賞味期限 製造日より2年で表示
 保存方法 直射日光を避けて常温にて保存」